会社紹介COMPANY

MESSAGEMESSAGE

MESSAGE

当社は創業以来、”誠実~信頼こそ会社の財産である”をモットーに、一貫してうなぎの仲卸業務およびうなぎ加工食品の製造販売業務を続け、皆様の深いご信頼とご支援を賜ってまいりました。
「鰻楽」の暖簾を次の100年に継承するためにも、創業・会社設立の初心にかえって納入先との信頼関係を大切にし、ユーザー様の笑顔を大きな目標として取り組んでまいりたいと考えております。
時流の変化に合わせ、新しいことへチャレンジし続けることが更なる成長に繋がります。今期は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により消費者の生活スタイルや消費動向が大きく変化すると予想されますところ、このピンチをチャンスと捉え、新たな諸施策に取り組んでまいります。

代表取締役社長 大森 伸昭

経営理念 MANAGEMENT PHILOSOPHY

経営理念MANAGEMENT PHILOSOPHY

私たちは1尾1尾のうなぎを大切に育て、
健康で美味しいうなぎをお客様の食卓にお届けし、
幸せになっていただくことを
使命としています。

会社概要Company Information

社名
株式会社 大森淡水
代表者
代表取締役社長 大森 伸昭
所在地
〒880-0122 
宮崎県宮崎市塩路2300番地
TEL
0985-65-3000
(平日9:00~17:00)
FAX
0985-73-2175
資本金
1,000万円
創立
1973年 1月
従業員数
210名
(グループ全体:2020年4月現在)

直営養鰻場Directly managed farm

  • 南九養鰻場南九第二養鰻場大森淡水第一養鰻場大森養鰻場
  • 鰻楽第一養鰻場鰻楽第二養鰻場鰻楽第三養鰻場うなぎの里養鰻場

関連会社Affiliated company

  • 株式会社 鰻楽

    事業内容
    鰻蒲焼の加工、及び販売
    所在地
    宮崎県宮崎市塩路2300番地
    TEL
    0985-30-1311
  • 株式会社 南九

    事業内容
    鰻の養殖
    所在地
    宮崎県佐土原町下田島11247
    TEL
    0985-65-3000
鰻楽グループ 株式会社大森淡水鰻楽グループ 株式会社大森淡水

会社沿革Company Hisorty

1967年7月
宮崎市千草町に大森養魚場として販売店を出店
1967年7月
宮崎市高洲町に作業場、出荷場を開設
1980年4月
「有限会社大森淡水」として、
法人組織化
1981年7月
宮崎市高洲町に活鰻流通センターを開設
1985年2月
宮崎市高洲町に第二活鰻流通センターを開設
1991年5月
「株式会社南九」を吸収合併
南九養鰻場を開設
1993年4月
「株式会社大森淡水」に組織変更
1994年7月
宮崎市高洲町に本社ビルを新築
1996年9月
大森淡水第一養鰻場を開設
2000年4月
千代田区一番町に東京事務所ビルを新築
2000年10月
宮崎県新富町に宮崎営業所、活鰻流通センターを開設
宮崎市高洲町に手焼工場を開設
2003年1月
宮崎郡佐土原町(現 宮崎市佐土原町)にうなぎ製造工場を開設
2003年4月
大森養鰻場を開設
南九養鰻場を増設
2004年9月
大森第一養鰻場を増設
2006年10月
宮崎市塩路に『うなぎの里』を開設本社・うなぎ製造工場を移転
うなぎの里養鰻場を開設
2008年6月
レストラン「うなぎ処 鰻楽」を
開設
『うなぎの里』グランドオープン
2009年1月
鰻楽養鰻場を開設
2010年7月
鰻楽養鰻場を増設
2012年10月
南郷養鰻場を開設
(日南養鰻研究所)
2013年11月
宮崎市佐土原町にチョウザメ養殖場を開設
2015年1月
宮崎県新富町にチョウザメ養殖場を開設
2017年3月
宮崎県えびの市にチョウザメ養殖場を開設
2018年3月
本社鰻加工場を増設
2020年2月
鰻楽都農工場を開設

アクセスマップAccess map